キャンデト茶 飲んでみた 口コミ

キャンデト茶飲んでみた体験。3分漬け込み。通常濃さの効果は?

キャンデト茶と水を入れたコップ画像今回の記事はキャンデト茶を飲んでみた実践編のそのAです。

 

 

前回に引き続きキャンデト茶をどれくらいの時間をかけて水に浸して飲むとどのような効果があるのかを実践体験で口コミしてみました。大分体調が改善されてきているので、ほとんど使用することもなくなってしまいましたが最近少し便秘気味になってきたので検証をしてみました。(キャンデト茶はホント見た目はただのティーパックです。)

 

キャンデト茶の効果に興味がある方はご覧ください。

 

 

キャンデト茶【3分間漬け込み】

 

キャンデト茶の色

 

水の入ったコップ画像

 

まず前回と同様にキャンデト茶をグラスに入れる前の状態です。なんにも入れていない状態の純粋な水バージョンです。ここからキャンデト茶を3分漬けるとどのような変化が起きるのかをまた検証してみます。

 

キャンデト茶をコップに入れている画像

 

キャンデト茶を水の入ったコップに入れた画像

 

こんな感じでキャンデト茶を水の中にいれて3分間漬けてみました。すると…

 

キャンデト茶を3分漬けた画像

 

このような色になります。
色目は1分間バージョンと比べると大分濃くなってる状態ですね。冷茶みたいな見た目というかほうじ茶みたいな見た目というか、要するにただのお茶の見た目ですね。そこそこキャンデト茶の粉もしっかり浸透してきておりオーソドックスバージョン。これがキャンデト茶の推奨されている適量時間と漬け込み時間といった具合です。

 

キャンデト茶の3分間バージョンを飲んでみた効果と感想

 

この状態でのキャンデト茶を飲むと便秘にはどのように効いたかを答えますと、かなり効果はありました。飲んでから20分くらいで腸内がモゾモゾしてきてトイレに行きました。そして、溜まってたものかなりドバっと出てくれて、普通にスッキリしました。まぁわたしの場合はいつもこれぐらいの色目で飲んでましたのでいつもの感じです。ただ充分これぐらいでほとんどの人が丁度良いくらいの濃さなんじゃないかなって思います。

 

 

キャンデト茶の場合は経験上効果が高い分あまり長く漬け込みのをおススメできません。便秘の症状が軽め〜普通くらいの人にこれくらいが良いです。3分バージョンで充分効き目はあります。ただ個人差がある分絶対はありません。

 

サプリでも薬でも美容液でもそうですし、キャンデト茶の仕様書にも書いてありますがあくまで何パターンか自分で検証していくことをおススメします。ただ基本で気には最初は短めのキャンデト茶漬け込みを1分バージョンからやっていき、そこから3分、5分、10分…と効き目がなかったら少しずつ漬け込み時間を延ばしていくやり方が一番良いんじゃないかなって思います。

 

 

>>キャンデト茶1分漬け込み
>>キャンデト茶5分漬け込み
>>キャンデト茶の口コミの購入ページへ